生理中の医療脱毛について

医療脱毛とは、針脱毛と、医療用レーザーを使った医療レーザー脱毛の事を指します。

これらは医療行為に当たる為、医療行為を行う事ができないエステや脱毛サロンでは行う事ができません。



エステや脱毛サロンでは、これよりも一回の施術の効果が弱いレーザー脱毛か、光脱毛での脱毛となります。


効果の高い医療脱毛を受けようと思ったら、クリニックなど医療機関で受ける事になります。
そんな医療脱毛の中で、人気なのが医療用レーザーを使った医療レーザー脱毛です。

これはレーザーがメラニン色素に吸収される特性を利用した脱毛法です。
脱毛したい部分にレーザーを照射するとそこの毛に吸収され、毛根を発熱させます。
その熱で毛根組織とその周辺に刺激を与え、毛が抜け、そして生えてこないようにしていきます。

効果が高い脱毛法ですが、生理中は施術を避けた方がいいという話を聞いた事がある人もいるでしょう。

ですが、生理中に脱毛の施術を受けていけないという事はありません。

医療レーザー脱毛の仕組み

生理中というのは、肌が敏感になりやすく、普段よりも痛みを感じやすい状態になっている事が多いです。



その為、肌が敏感な人は避けておく方が良いとされますが、必ずしもしてはいけないという訳ではないのです。

ただ、VIOラインといった辺りは、生理中は断られる事も多いです。VIOラインを含む全身脱毛中にもし生理になったら予約や料金はどうなるのかなどは、脱毛の施術を始める前に確認しておくのがお勧めです。